FC2ブログ

アンチエイジングセミナー「ドクター・オバジがやってくる!」のご報告

2014_1021_22.jpg
2014_1021_01.jpg

2014_1021_02.jpg
たくさんの方が、講演を聞きに来てくださいました。大変ありがとうございました。
Dr.オバジもパリ、インドそして日本にこられ、次はロシアのご予定だそうですが、遠いところ四国徳島までよく来てくださったと感激です。「ドクターアカイキー」と講演の中で話してくれたのも嬉しかったです。
素晴らしい講演で、わかりやすく、すでにニューオバジZO(ゼオ)を経験されている患者さんは、「誰かに伝えたいという気持ちがあふれてきた!」と話されていました。迫力のプレゼンで、私の友人も「興奮して、頭がボーとしてホテルから出て対向車線走ってしまったわ~」だそうです。

2014_1021_28.jpg

2014_1021_29.jpg
----------------------------
2014_1021_04.jpg
さて、参加者の方が非常に感激してくださったのですが、私は「Dr.オバジ自身が肌がきれいで若々しかった!身振り手振りで、迫力の講演だった。」ことも重要なポイントであった気がします。アメリカ的なプレゼンでしょうか。私も、人に感動を与える話ができるようにもっと勉強したいと思いました。
2014_1021_05.jpg

2014_1021_03.jpg
----------------------------
2014_1021_23.jpg

Dr.オバジの講演は非常に理解しやすいというか、ハリウッド女優が若いときの写真とプチ(?)整形で崩れてしまった写真…「あなたはこうなりたいですか? ⇒No!!」
しわだらけのお年寄りの顔…「あなたはこうなりたいですか? ⇒No!!」
「真に美しい健康な肌になりたいでしょう!!スキンヘルスとは美しく健やかな肌。スキンヘルスとは、どんなものかを理解した上でのスキンケアを実行しましょう!」
こんな感じです。

2014_1021_24.jpg
---------------------------------
2014_1021_15.jpg
ゲストのDr.オバジは世界的に有名なドクターですが、最近ビタミンAのオバジ療法を最新のものに変更されました。新しいオバジ療法は、Dr.ゼイン・オバジの名前からZO(ゼオ)と言います。ZO SKIN HEALTHです。

2014_1021_08.jpg
有名だったオバジニューダームシステムをDr.オバジが捨てた理由は、「トレーニングされた医師が患者を診察して処方して行わないといけない製品」なのに、世界中でコピー商品がインターネットで蔓延し、医師の処方なしにオンラインで購入した製品で自己流のケアをすることによって自分の肌を傷つけてしまっている人が多く出現しているからだそうです。

さらに、きちんと医師が患者さんと向き合いながら行うとオバジニューダームは非常に優れたものでしたが、「ZOと比較すると時代遅れである」と言い切っておられました。ZOには、ビタミンAと酸化をとめる抗酸化物質、そしてペプチドなどが有効成分として含まれています。

2014_1021_25.jpg

2014_1021_26.jpg
「細胞レベルから肌を強くしていくことによって、生涯若々しい子供のような肌を保つことができる!」

2014_1021_16.jpg
そのために今回の新しいニューオバジZOは薬から化粧品まで、ビタミンAの種類や濃度により、いろんな強さの段階があり、治療からメインテナンス、予防など、その時にあわせてZOを塗り続けていくことで健康で若々しい肌を保つことができるのです。
たとえば、一番簡単なマイルドな化粧品レベルのZOからはじめて、「ちょっとシミ、シワが気になるから、少し強くしましょう」とか、相談しながら続けて使っていくと、老化の修復や老化のスピードを遅くすることができるのです。

2014_1021_09.jpg
私が好きな二つのドクターズコスメ、オバジとエンビロンは同じ理論です。ビタミンAと抗酸化物質を継続して肌に吸収させることで、光老化を修復・予防し「自然できれいな」「健康で美しい肌」を保ちましょうと。私の患者さんにとって、選択肢が増えてとても継続しやすくなりました。ZOとエンビロンロールキット、今の私のテーマです。

2014_1021_10.jpg

2014_1021_27.jpg
ところで、トップバッターは私だったのですが、会がはじまってDr.オバジの隣に座って、自分が話に出て行く直前に、「ちょっと聞いてみよかな~」と思ってDr.オバジに「ZOって、なんて言うんですか?」とお聞きしたところ「ジィオ」と言われ動揺しました。

とりあえず、Dr.に私はみんなに「ゼオ」と言っていると説明して、自分の話の中でもみなさんに説明しながら、「ゼオ」と言ったり「ジィオ」と言ったりしました。

すると体験者のトークセッションでも、「ゼオ」と「ジィオ」飛びかってておもしろかったです~。

そして、最後に前回のブログで紹介した私の小母が「ドクター・ゼオにお会いできて光栄です」と、みごとに締めくくってくれました。司会の方が「あ~っ、ドクター・オバジです~」。

2014_1021_13.jpg