あけましておめでとうございます。

20101229-1.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年もあっという間の1年でした。新しいフラクショナルレーザーの導入と、エンビロンのホームメソテラピー、オバジニューダームシステムの本格的稼働で、毎日働いていたら「もう今年終わり?」って感じでした。

9年前「へえ、スキンケアってこんなに医学的なんだ。みんなに教えてあげよう!」から始まり、「ビタミンAはすごい!」「レーザーっておもしろい!」。そのうち、「独身、結婚、子育て中、いろんなステージの女性が働ける会社を作ろう!」と、たいそうな目標を掲げ(いや、今でもそう思ってますよ。元気なスタッフ求めています! 産後職場復帰したスタッフの声はこちら>>)、今は「なんだか、結構診察室がおもしろいなあ。このまま、患者さんと医者、スタッフのほんわかムードでいきたいわ~」となってきました。

20101229-2.jpg


現在、私の一番のエネルギー源は患者さんの自慢話です。「最近、二度見されるんです。なんでそんなに肌がきれいなの?って」「(同窓会で)昔一番かわいかった子が、老けててね~。私が一番若かったわ!」などなど。お正月明けの同窓会話が待ち遠しいです。
診察室はいつもこんな感じで賑やかですよ>>

内科と比べて思うのは、美容医療は「かなりの結果をださないと患者さんがついてきてくれない」ということです。こんなユーモラスな会話が出来るようになったのも、「私自身が、どういう治療を受けたいか?」を考えて「あまり怖くない方法で、しかも効果が出る治療」を探し続けて、たくさんの治療法が確立できたからだと思います(すみません、私の得意な自画自賛です)。たとえ、80歳になっても、自分の顔は大切なんです。今の医学で最高の治療を受けたいと思うのが女性ですよね。

今年も、スタッフと一緒に、いろんな治療を患者さんに気持ちよく受けていただけるように勉強を重ねていきたいと思います。

何卒よろしくお願いします。

今年もみなさまにとり、幸多き1年でありますよう、お祈り申し上げます。