新しい「浸透促進型化粧水」という考え方について   ~やはりスキンケアはサイエンス(科学)~

「スキンケアに流行はない」とよく言われます。スキンケアの基本理論は、決して流行に左右されるようなものではありません。1980年代半ば頃よりビタミンAが流行し、1980年代後半になるとフルーツ酸(ピーリング)、1990年代に入るとビタミンC、1990年代後半になると、紫外線による活性酸素を除去する抗酸化(アンチオキシダント)成分と、いろいろな成分が流行しました。・・・が、それぞれの成分に熱狂してやめてしまうのではなくて、本当はそれぞれの働きの「組み合わせ」が大切ということが分かってきました。

 さらに最近では、「導入型化粧水」とか「浸透促進型化粧水」が注目されています。以前からいわゆるケミカルピーリングといわれる「フルーツ酸」は角質の細胞間の結合をゆるめて「あとから塗る成分の浸透をよくする」という働きが重要といわれていました。つまり、フルーツ酸の化粧水を塗ってから、美白のビタミンAやCの入った美容液などを塗ると効果が高いということです。それと同じように「浸透促進作用」ある成分が入った化粧水というものが出現しました。これも角質の細胞間の結合をゆるめることによって、あとから塗る成分の浸透をよくします。イメージとしたら、「段ボールの紙に美容液を塗る場合は、表面がゴワゴワして入っていかない、浸透促進作用のある化粧水を塗ってから美容液を塗ると、重ねたティッシュに美容液を塗ったように、すぐにジワッと入っていきよく浸透する」という感じです。
hitokoto090423_a.jpg

 患者さんに使ってもらっていますが(C-クエンストーナー)、かなり効果的です。興味がある方は使ってみてください。やはりスキンケアは科学です。ビタミンAと抗酸化、浸透型化粧水などの賢いスキンケアの組み合わせで、「50代になったとき、無理矢理引っぱり上げたり注入剤でふくらませたのではなく、自然にきれいな30代の肌でいる」ことが目標ですね。