9月13日セミナー報告No.2 女優「萩尾みどり」さんのお話

エンビロンのスキンケアセミナー報告第2回目です

さすが、理系の女優さん。生き物がお好きなようでした。萩尾さんのお話の時は、ケーキとコーヒーのサービスがありましたが、いきなり「健康のためには歩きましょう。私がこの前歩いていたら、ヒキガエルが空から落ちてきてベチャッと・・・」「カラスは賢くて、ヒキガエルを気絶させ、まず内蔵をつついて・・・」で始まりました。私は「ハ、ハギオさん!?今、みなさんケーキを召し上がっているのでは・・・」と一瞬うろたえましたが・・・、すみません舞台のそでで大笑いしてしまいました。「みなさま~、美のためには、一瞬も気を抜かないように、毎日お鏡を見ましょう~」とかいうお話かと思っていたので、楽しく期待を裏切ってくださいました。

結局、女優さんも、主婦も、OLも時間に忙しく追われているのは同じ。「毎日、顔のことばかりは考えていられない。食事と運動はできるだけ心がけて、スキンケアは、夢みたいなものにお金と手間をかけず、効果が出るもので簡単に」私と同じ意見でした。女性も50代になれば、そこの結論に到達しますよね。

萩尾さんは、まずDr.フェルナンデスの「スキンケアハンドブック」を読んだことから、ビタミンA入りの化粧品を塗りはじめたそうです。一気に「目の下の小じわ」が消えて、「すごい!!」と感激。が、半年くらい経つとそれが当たり前になって「もう効いていないんじゃないのかな」と心配になったところ、お嬢さんが「お母さん、すごくきれいになってどうしたの?何塗ってるの?私も塗る!」ということになり、改めて実感されたそうです。患者さんもそういう方が多いです。スキンケアはその積み重ねが大きな結果になるんだと思います