プロティア25周年記念パーティー

20171031-18.jpg
さて、台風のため急遽前日にあわてて出発した東京!!のお話を先に

20171031-01.jpg
プロティアの25周年記念パーティーです。盛大なパーティーでした。

20171031-02.jpg

そういえば、私は内科開業して満足していたのに、急にエンビロンに出逢い、とりあえず内科の受付に患者さんに「これすごいよ」と紹介しようと思ったのが始まりでした。

そのAKAIKEスキンケアセンター(asc)が今年15年目なので、昔、美容医療が何かもわからないときに「プロティア10周年記念パーティー」に参加した覚えがあるなあ・・・・。


20171031-20.jpg
もちろん、ドクターフェルナンデス!いきなり「踊ってる?」との質問が私に、「僕はヒザが痛くてね」

20171031-03.jpg


20171031-04.jpg
そして、戸澤先生!お元気です!!

20171031-05.jpg
今回は大画面で、エンビロン、プロティアの歴史が流れました。

20171031-06.jpg

20171031-07.jpg

20171031-08.jpg

20171031-19.jpg
私もビデオメッセージで少し参加しました(徳島で撮影したんですよ、ascのラウンジで)

20171031-10.jpg
表彰もしていただきました。

20171031-14.jpg
表彰のクリスタルと、25周年記念でいただいたワインです。

20171031-11.jpg
そして、昨年講演会に来ていただいた新社長のマーク・ミンター氏。

なんだか、ミーハーで岩坂店長と写真をいっぱい撮ってきました。

20171031-13.jpg
以前の担当の、渡邊さん、森さん、板谷さんも!


20171031-15.jpg
ちなみに、会場は目黒の雅叙園、なんと私が東京で踊ったまさに同じ会場です。昨年12月もルンバソロデモ踊りました。
20171031-16.jpg

20171031-17.jpg
ライオネル・リッチーのTrulyでした。

エンビロンの会社、プロティアジャパンにも行ってきました

20160920_000.jpg

ジェーン・アイルデールのセミナーの翌日、プロティアジャパンのオフィスが移転したということで新しいオフィスに行ってきました。

20160920_001.jpg

20160920_002.jpg

20160920_003.jpg
エンビロンの開発者、ドクター・フェルナンデスの胸像がありました。

20160920_004.jpg

エンビロンがきっかけで内科からスキンケアの勉強をする事になった私ですが、何となくプロティアって早いなあ・・・いや、早すぎて世間がなかなかついて来てくれず、苦労したなあ・・・という気がします。

私がドクター・フェルナンデスの本を読んで感動した15年前、ドクター・フェルナンデスの言う「紫外線による光老化」「活性酸素を除去する抗酸化物質」「スキンケア」という言葉は、一般の患者さんには「何ですか?」という感じでしたが、現在では、光老化、抗酸化、スキンケアは大流行です。

そして、パワープレートも3次元に動く加速度トレーニングに驚きましたが、偽物ブルブルマシンが出たり、最近やっと日本の芸能人やプロのサッカーチームで有名になって来つつあります。

ビタミンAも最近やっと、ニキビの薬が認可されたりして。

しかし、正しい情報が早いのは良いことですね!!

エンビロン開発者、Dr.デス・フェルナンデスがINNOCOS イノベーション リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞!!

20160527_06.jpg 20160527_01.jpg

私が、自分の肌トラブルから、スキンケアの勉強しようと思ったきっかけが、このドクター・フェルナンデスのスキンケアハンドブックという本でした。今でこそ、スキンケア、光老化という言葉が知られていますが、友達や患者さんに話しても「何のこと?」と言われる時代でしたが、その本は「正しいスキンケアとは」「光老化を予防、修復」について書いてあり、目から鱗でした!


20160527_02.jpg

ドクターフェルナンデスには、徳島で講演もしていただいたこともあります。上の写真は第1回アンチエイジングセミナーに来ていただいた時の写真です。


そんな、Dr.フェルナンデスがINNOCOS イノベーション リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。


20160527_03.jpg

20160527_04.jpg

今回の受賞理由は…

「デス・フェルナンデス氏は、形成外科医としての皮膚への深い見識をもとに、まったく新しいコンセプトをもつエンビロンの開発者としてたゆまぬ挑戦を続けてきた。医療機関やスキンケアサロンにおいて専門家によって施されるエンビロン・スキンケアシステムは、それまでの化粧品に医療の知識を加えることで化粧品にイノベーションをもたらし、時代とともに変化する顧客のニーズにいちはやく応えてきた。彼のビタミンの研究とそれに関する幅広い活動が、顧客にとってさらなる利益をもたらすであろうことが期待される。

エンビロンは、1987年、南アフリカ共和国の形成外科医Dr.デス フェルナンデスにより、メディカルサイエンスの視点から研究開発されたスキンケア。Dr.デスは、近年注目されている“光老化”(紫外線ダメージ)にいち早くに着目し、30年以上も研究を続けてきました。光老化対策として、たどり着いた答えは、“ビタミンA”。エンビロンは、紫外線ダメージに負けない、肌のすこやかな美しさのためビタミンAに着目し、皮膚科学と美容学の融合で、エイジングケアの根本に迫ります。」

だそうです。
とっても、うれしいニュースです!



20160527_05.jpg
私は、実は、虫垂炎で入院中です。
また、みなさまにご迷惑をおかけして、ほんとに申し訳ないです。ごめんなさい。
でも、うれしいです!

ビタミンA配合化粧品について

2014_0403_06.jpg
ちょうど昨年末のNEWオバジZOの発売の時に、「第一三共ヘルスケア」のレチノール(ビタミンA)配合化粧品」配合化粧品「ダーマエナジー」のニュースについて患者さんから質問されることがありましたので、少し説明しますね。

ダーマエナジーが通販で販売されて、ビタミンAの反応、赤み、乾燥などが多発し、発売中止になったということです。しかし、カネボウのロドデノールの白斑問題と違って、ビタミンAの一時的反応は塗るのをやめると治るので自主回収はなしという結果になったのだと思います。

私は、いつも「良い化粧品」には、2種類あると言っています。
・誰がどんな塗り方をしても大丈夫な「良い化粧品」(一般化粧品)
・塗っていると肌が良くなっていく化粧品(高機能化粧品)

両方は、こんな感じです。

2014_0403_01.jpg

機能性化粧品の成分は、ビタミンA(レチノールや、パルチミン酸レチノール、酢酸レチノールなどいろいろあります)、ピーリング(乳酸、グリコール酸、サリチル酸)、抗酸化物質、最近ではペプチドです。

2014_0403_02.jpg

高機能性化粧品の成分の特にビタミンAですが、医師や専門の訓練を受けたセラピストのアドバイスなしでは使いこなすことは難しいです。
ascではクリニックやサロンで、医師やセラピストが肌を見ながらビタミンA配合の化粧品を合わせていくのです。

それが一般的に店頭や通販で販売されるとなると、

(1)今回のように「ビタミンAの一時的反応が多発してしまう」ので問題となる
(2)あるいは「ビタミンA配合といいながら、効果がでるほどの量が入ってない」かということですね。

今年は、エンビロンのロールキットや、NEWオバジZOなど、「ビタミンA治療の日本新発売」目白押しですね!!

ちなみに、私はビタミンAのクリニックでする治療として、メディカルロールキットをしています。メディカルロールキットは麻酔のクリームを塗って、長い針のついたローラーで穴をあけてビタミンA・Cを導入(トリートメント)していきます。

今、とってもお気に入りの治療の一つです。

tag : ロールキット(経皮コラーゲン誘導療法)

AERAにDr.フェルナンデス(デス先生)が紹介されていました!

2013_1219_02.jpg
2013_1219_01.jpg
AERAは毎週読んでるのですが、今週号を読んでいて驚きました。エンビロン・スキンケアシステム開発者のデスモンド・フェルナンデス先生のインタビューが掲載されていました。

2013_1219_03.jpg
私は医師なので、別にどのドクターズコスメを使ってもいいのですが、「何かいい化粧品はありませんか?」と患者さんから聞かれたらやはりDr.フェルナンデスのエンビロンを推薦してしまうのです。先生に何度かお会いして、自分がそうしてしまう理由がわかりました。それは、Dr.フェルナンデスの思いです。売ることが目的でない、皮膚を守るためにいい化粧品を作る。それが彼の生き方なんだなあと感心しました。自分のためだけでない。それが、私がエンビロンが大好きな理由なんです。

詳しい記事はこちらで見れますので、ぜひ読んでみてください>>