FC2ブログ

今ほしいもの、それは筋肉! そして楽して痩せたい!

2012_1023_04.jpg

さて、よくダイエットに失敗するとやせにくい身体になると言われていますが、それは本当です。
筋肉は、身体の中で一番消費カロリーが大きい臓器なので、筋肉がつくと昼寝していてもカロリーを筋肉が消費してくれます。

2012_1023_01.jpg
ところが、ダイエットで食事を減らしてやせると筋肉が減ります。リバウンドするときは、同じ体重でも減った筋肉が元に戻るのではなく、それが脂肪に置き換わるため、一番消費カロリーの大きい筋肉がリバウンドのたびに減るから、どんどんやせにくくなると言うことです。
2012_1023_10.jpg

ということで、筋肉の重要性は心底わかっているのですが、私は子供の頃から運動が大の苦手で、運動会の前には雨乞いをするくらいでしたので、筋肉量はいつ測ってもまだまだ少ないんです。仕事柄一日中座っているので、万歩計で1日300~1000歩でした。(実は、講演に来てくださった石川先生も同じくらいだそうです。)筋肉をつけようと、走ったり、スポーツジムも何回も入会しましたがもともと運動が苦手なので、続きませんでした。やっと続いたのがこのパワープレートとダンス(?)です。

2012_1023_08.jpg

パワープレートは3次元上下左右前後と揺れる不安定な中でバランスをとりながら運動することによって、筋トレが非常に効率よくできます。15分で2時間の筋トレができます。
こういうのを加速度トレーニングといいますが、実は本物はオランダ製のパワープレートのみです。よくある振動マシンは、左右や上下の1次元2次元で揺れるだけの上、振動が遅く、加速度トレーニングの効果がでません。NASAの宇宙飛行士やプロサッカーチームは、必ずこの本物のパワープレートを使っていますよ。


2012_1023_03.jpg
さらに、正しい筋肉の使い方を覚えるとゆがんだ身体も治っていきます。やはり、姿勢が良くなると若々しく見えるので、やせるのでなくむしろ筋肉を増やして引き締めることが重要です。「あ~!筋肉が欲しい!スッと立ってると素敵ですよね~」

とはいえども、ガンガン鍛えて引き締めるコースもありますが、ascでも「3週間で身体を引き締めるコース」よりは、楽してやせるゼルティックと、サロンのパワープレーとエンダモロジーなどを使ってゆっくり引き締めるコース(名前もリラックスダイエット)を選ばれる方がほとんどです。
2012_1023_09.jpg

ゼルティックの詳細はこちら>>
パワープレートの詳細はこちら>>

肩甲骨ダイエット

2012_0324_01.jpg

ダンスにしても日常にしても、「キレイに見えるために一番大切なのは姿勢だ」と悩む今日この頃です。昔の、姿勢の悪さからは少し良くなってきましたが、まだまだ・・・。

そんなとき、出張の移動中に買った本に良いことが書いてありました。
2012_0324_02.jpg

「ウッソ~!」と思われるかもしれませんが、実は、そうなんですよ~。
姿勢良くというと、「背筋を伸ばして胸を張る」「左右の肩甲骨をぎゅっと近づける」と思っていませんか?それだと不自然だし、胸を突き出して、がんばりすぎて見えてしまいます。

そうでなくて、「両肩を耳から遠くに持って行くようにする」のです。そうすると、肩甲骨が下がる。胸も張るけど、前に出すぎない

2012_0324_03.jpg

やってみてください。それだけでもワキからウエストのラインがキュッとしまって見えますが、肩甲骨を動かして腹筋に力が入るので、続けているとかなり背中からウエストにかけて絞られてきます。まさに、肩甲骨ダイエットです。
さらに「骨盤の正しい位置」もとりやすいのです。

私も、エアロビクス、ピラティス、ストレッチ、ダンスなどいろんな先生に姿勢について教えていただく機会が多かったのですが、先生方の言われることは「言い方は異なるけど、結局同じこと」かなと思います。

次回は、骨盤の正しい位置と「骨盤でやせるダイエット」です。

時代は今『筋肉』~意外なポイント「ワキをしめる」~

20110726-5.jpg

実は1週間前に、本箱の整理をしようとして下にうつむいていたとき、後頭部に医学書が落ちてきました。医学書って、ほんとに分厚くて堅くてイヤですね~。20年前交通事故で、額で車のルームミラーを割ったとき以上の衝撃でした。

打ったところはたんこぶですが、数日してひどいむち打ちになりました。
安静にと思いましたが、なかなか安静にも出来ず、とにかく首を伸ばしてないと調子が悪いのでなるべく姿勢を良くして首を伸ばしてみました。
おなかに力を入れて、背中の左右の肩胛骨をくっつける感じで胸をはり、首を伸ばしていると調子がよいです。

--------------------------

20110726-7.jpg

当たり前のことでしたが、「姿の美しい人は、筋力があるんだ」と気がつきました。今はやりのインナーマッスルですね。上の写真はスタッフの岡本さんにダラッとした姿勢と、正しい姿勢の違いを表現してもらったものです。同じ人でも姿勢でこんなにイメージが変わるんですよ。

写真を撮っていてわかったんですが、コツはワキをしめることでした。岡本さんに正しい姿勢の指導をしてましたが、「胸を張って、そうそう、う~ん、何かもう一つ」と思ったとき「ワキをしめて! 両ワキに軽く体温計をはさんだ感じでというと、スッキリと背中がのびて、胸が上がってキレイになりました。みなさん鏡の前で試してみてくださいね。

--------------------------

「スッときれいに立っている人。もの一つ取るのに、手を伸ばすだけでも美しい人・・・」は筋力があるんですよ。今頃気がついたのは私だけでしょうか。あ~、若い頃知っていたら、もっときれいになれたのに・・・。

今ascでは「美しさを作るためのボディメイク」に取り組んでいます。スタッフたちも研修をかさねて知識を増やしているところです。各店のブログでも紹介しているので、がんばっている彼女たちの様子をご存知のかたもいらっしゃるのでは。

20110726-8.jpg

トレーニングの結果、スタッフの一人は普段の立ち姿まで変わりました。以前は服を着ていても分かるくらい肩・腰がゆがんでいたのですが、今ではスッキリとしたきれいな立ち姿に。本人と話していると、お客様からも「姿勢きれいになったね」と声を声をかけていただいたと喜んでいました。

みなさん、一緒にきれいな姿を作る筋力をつけましょうね!

--------------------------

8月21日(日)にascボディメイクプログラム体験会が行われます。
詳しくはこちらから>>

夏に向けて!「ウォーキング前、15分筋トレ」で、身体を引き締めよう!   ~体脂肪燃焼3割アップの秘密~

 「夏に向かって、気になるウエスト&ヒップや二の腕を引き締めたい!」と思っている方おられませんか?そんな方に向いているのは、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動の前に、15分程度の筋肉トレーニングを取り入れる方法です。これで、体脂肪の燃焼率を約3割アップすることが出来ます。
とにかく、私を含めてみなさん初めは努力はしようと思うのですが、効果が見えにくい運動をコツコツ長時間続ける方法はなかなか成功しませんね~。そこで、短期間でできるだけ大きな効果を上げることを考えていきましょう。筋トレをすると成長ホルモンが分泌され、運動後6時間くらいまで脂肪を分解し続けます。この間に脂肪を燃やす有酸素運動をすると、有酸素運動前に筋トレをした場合、しなかった時より3~5割効率よく脂肪を燃焼することができるのです。

1)15分程度の筋肉トレーニングをする
腹筋や、スクワットなど、大きな筋肉を使うきつめの運動をゆっくりします。もちろん、始める前は身体を痛めないように、準備のストレッチをしてくださいね。
20100506_01.jpg
私はいつもパワープレートをしています。このパワープレートは、マド○ナが自宅でトレーニングに使用していたり、サッカーチームの鹿島アントラーズがウォーミングアップなどで使用していることで有名な、次世代トレーニングマシンです。
パワープレートについて詳しくはこちら>>

2)その後、15~30分のジョギングやウォーキングなどの有酸素運動
なるべく、楽しみながら行なうのがコツなので、家庭用ゲームWiiを使ったり、部屋でTVやDVDを見ながらウォーキングマシンで歩くとかしましょう。
20100506_02.jpg

私は、DVDを観ながらルームランナーで楽しく歩いています。


 食事は食べ過ぎない程度に気をつける。バランス良く、少しカロリー控えめにする程度で良いと思います。取りあえず、毎日体重計にのって、食べ過ぎて少し増えた体重は、すぐに戻すつもりでいきましょう。1)2)を週に3回程度、3ヶ月くらい続けると絶対に引き締まってきますよ。

1)→2)の順序が大切ですからね!