目元のシワ治療 マドンナリフトと新登場ビタミンAのアイクリーム

2015_0129_001.jpg
2015_0129_002.jpg
クリニックでレーザー照射中のことです。

患者さんに「眉間のしわにも、うっときますね」というと、「ありがとうございます。2本有るでしょう。1本が主人で、もう1本が息子の」。手がかかってストレス?でできたシワだそうで。
照射しながら、スタッフと「うまいこと言いますね~」と感心してました。

レーザー後のトリートメントのときに、スタッフが中島みゆきの曲『糸』の替え歌で「1本目のシワは~ご主人~♪ 2本目のシワは~息子さん~♪」と歌いながらトリートメントしたら、すごくウケて大笑いしてくれたそうです。

2015_0129_003.jpg

こちらは60代の女性です。マドンナリフトを目元に照射しましたが、目の上(瞼)、目の下、目尻のシワが改善しています。肌全体もキメ細かくふっくらしてきました。


2015_0129_004.jpg

60代の女性です。メディカルロールキットの後で、マドンナリフトを目元に照射しました。目元のシワがさらに改善しています。

--------------------------------------

2015_0129_005.jpg
さて、目元のシワはレーザー治療がもちろん一番おすすめですが、今度ナビジョンからも医療機関向けの製品として、私の大好きなビタミンA(レチノール)配合のアイクリームが発売されます。

初めは濃度が低めのTAレチノファースト(10g)を気になる目元中心に1本使い、次にはTAレチノアドバンスを(15g)を使っていきます。
いつものビタミンA配合の化粧品は、慣らしていくという方法です。

製品名に『TA』と入っているのはのは、レチノールと一緒にトラネキサム酸が入っているからです。

ビタミンA配合化粧品の初心者の方に使いやすい気がしますね!

マドンナリフト(SmartXIDE2)あててきました!

2014_0428_05.jpg
先日、以前講演に来てくださった東京のクロスクリニック 石川先生に、マドンナリフトを「目元と額」に照射してもらいました。
自分ではなかなかレーザーをあてられないので、患者さんの方が計画通りにレーザーや薬を行って「着々と効果が出ていいな~、私もがんばろう!」です。

2014_0428_01.jpg
私は2回目なので、痛みはもう慣れました。冷やすのも準備万端。ですが、レーザーの当日はさすがに赤いし目の上も腫れています。(上の写真は自分でとったものです)

なんとこのまま夜はジェーン・アイルデールのリッキーさんたちとレストランに行きましたが、用意してきた保冷剤でさりげなく冷やしてました。暗くて賑やかなお店だったので、不審者と思われなかったです。
リッキーのブログはこちら>>

翌日からエンビロンのビタミンA配合化粧品(シークエンス4とシークエンスクリーム)をいつものように塗りました。 午前中はちょっと目の上が腫れてましたが、午後には赤みだけ、メイクしたらわからないくらいです。ちゃんと飛行機に乗って帰ってきました。おかしな人とは思われなかったと思いますよ。

3日目には、点々のカサブタができて、目の周りが茶色っぽくて「怪盗ゾロのマスクかけたみたいな状態」でした。メイクすると診察でも患者さんは「わからない」と言ってくれました。

---------------------------------------

2014_0428_03.jpg
夜は、ascの広報をしてくれているniizの新居さんが「オヤジバンド」を組んでライブをするということで、スタッフたちと行きました。店の中が暗いのでここでも全くOKでした。

新居さんは、マラソンもしばらく凝ってましたが、今はバンドに燃えていて、結構おもしろかったです。すべてオリジナル曲で、「新居さん『めんどくせ~!』という曲良かったです」というと、「あの~先生、『めんどくせ~!』ではなく、『めんどくさい夜』という曲です」と訂正されました。ロックでメッセージソングですね!

2014_0428_04.jpg
私の周りは患者さんも含め、マラソンやフラダンスや社交ダンスなどダンスされているとお聞きすることが多く、40歳くらいから「人は走るか、踊るか、歌う」ですね~

-------------------------------------
2014_0428_02.jpg
さて、4日目もうほとんど額の一部以外はカサブタ(ザラザラ)も取れて、まったく普通です。
ダウンタイム(レーザー後の赤み・腫れ)を気にされる方もおられますが、ビタミンA塗ってると早い!大丈夫ですよ~。

2014_0428_06.jpg

マドンナリフトとeマトリックスのモニター(2)

2013_0424-05.jpg

前回のブログでフラクショナルレーザーのデモを行ったスタッフの症例を紹介しましたが、同じようにレーザーを受けたスタッフはもう2人います。

受付嬢をはじめみんな照射後普通に働いていました。
保冷剤片手にですが(時々冷やして)。
翌日も、みんな「メイクをすればそれほどでもない~」という悠長な感じです。

2013_0424-01.jpg
結構私の方が、患者だったら大騒ぎするタイプかもしれません・・・。

それぞれ気になる部分が目元のシワやニキビ痕とさまざまですが、下の症例は点々のカサブタがわかりやすいメンズ店の古川店長です。
目の下のしわが3ヶ月で良くなっています。

マドンナリフト(スマートサイドスクエア)の経過写真
2013_0424-02.jpg

コラーゲンが生成されるには3~6ヶ月かかりコラーゲンが熟成するにつれ皮膚が引き締まってきます。
レーザーが手術より優れていることとして、肌の状態が徐々によくなるので治療を受けたことに気づかれないということがあります。
2カ月くらいあけて3回くらいすると新しいコラーゲンが生成されて、マイナス15~20歳若返ります。さらにその効果は長く続きます。

赤池クリニックでは5種類のフラクショナルレーザーがあります。同じフラクショナルレーザーでもそれぞれに特徴があるので「この患者さんの肌質や症状に最適なレーザーは?」といろいろ考えて選んでいます。

ascでは5種類のフラクショナルレーザーを「フラクショナル・オールスターズ」と名づけました。
2013_0424-03.jpg

2013_0424-04.jpg

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

-------------------------------
2013_0424-06.jpg
ところで「オールスターズ」といえば、サザンオールスターズの名前の由来となっているのが、1970年代サルサのムーブメントを作ったファニア・オールスターズ(Fania All-Stars)なんですね。あとから知ったことなんですが、何かの縁を感じまじた。

2013_0424-07.jpg
最近ファニア・オールスターズのスター エクトル・ラボーの半生を描いた「エル・カンタンテ」というの映画をDVDでみました。ジェニファー・ロペスとマーク・アンソニーの夫婦が、映画の中でも夫婦を演じていました。結局サルサは哀しみや望郷の念から生まれた音楽。日本の演歌みたいなもんですね~。

映画の公式サイトはこちらから>>

マドンナリフトとeマトリックスのモニター(1)

2013_0409-01.jpg
昨年の12月から2つのフラクショナル機器を借りて試し打ちをしました。
(デモといいます。デモンストレーション(試用)の「デモ」です)

2013_0409-05.jpg
まず、スタッフに実験台になってもらいます。
その照射したスタッフがだいたい3ヶ月くらいになるので、写真をみてみました。
スタッフのミキさんは、とくにシミや肌トラブルもない若い女性ですが、本人は毛穴を気にしてました。

昨年12月11日にCO2+RFフラクショナルレーザーの「マドンナリフト(新型スマートサイドスクエア)」を目の周りに、今年1月にRFフラクショナルの「eマトリックス」を顔全体にしました。
ちょっと肌診断(ロボスキンアナライザー)の毛穴数値の改善がすごいです。
2013_0409-06.jpg

毛穴の黒ずみや開きが少なくなっており、
なかでも目立つ毛穴の数に関しては 1309→631→428と、どんどん減っています。
顔を見るだけで、スベスベ肌に変化してるのが分かる程です。

2013_0409-03.jpg
写真を施術前と比べてみると、マドンナリフトで照射した目の下のシワ・たるみが減って、eマトリックスで照射した頬が持ち上がって、肌もなめらかになっているのがわかります。
CO2フラクショナルレーザーはダウンタイムが長いということですが、同じマドンナリフトでも旧型ドットよりも新型スクエアの方がより精密になったことで、以前デモを行ったアンコア、現在使っているエコツーより赤みやくすみが少ないようです。

2013_0409-04.jpg
翌日は赤み・カサブタができますが、3日後には赤みが減り、1週間後にはカサブタがほとんどなくなるほど、ダウンタイムが短いです。

マドンナリフトの詳細はこちらから>>