FC2ブログ

スキンケアもチーム医療ですね(*^_^*)


Dr_20171130トップ

12月なのに、まだ暖かいですね。

さて、H23年から来て下さっている患者さんですが、はじめ気になっていたシミ(くすみのシミ肝斑、普通の紫外線によるシミ老人性色素斑)もきれいになって、さらにハリも出ています。

caseillust20171130.png

基本は、ホームケア、ビタミンAとCのトリートメント(電気の力で肌の奥までいれていく)ですが、
時々メドライトC6(肝斑をとって行くレーザー)やビタミンAの塗り薬治療(オバジZO)を入れています。
さらに、昨年からは夜洗顔のあと、ロールキット(小さな針付きローラー、全然痛くないです)でコロコロして小さな穴をあけて、ビタミンA,C,Eやペプチドなどを肌の奥まで浸透させる自宅のケアを追加するとさらに綺麗になった気がします。

20171201-01.jpg


やはり自宅でのケアが重要ですね。
もちろんこすらない洗顔も徹底しています。

私は、内科専門が糖尿病ですが、レーザーがインスリン注射や飲み薬とすると、栄養指導や運動指導が、ホームケアやこすらない洗顔、メイク指導かなと思います。
チーム医療ですね。

優しく
Drブログ_メイク

冬の乾燥対策 洗いすぎ、やめちゃいましょう!

2015_0207_006.jpg
クリニックにはじめて来られた患者さんのほとんどが、問診票に乾燥肌、混合肌と書かれています。 そこで、私はいつも「乾燥を治すのは、まずは洗顔ですよ~」と言っています。

私は「朝は水だけ洗顔がよいですよ」と10年近く前から説明していますが、いまだにほとんどの人が洗いすぎで肌のバリア層を壊してしまっています。そうすることで、自分で乾燥肌、敏感肌、大人のニキビ、肝斑などの原因を作っておられます。

7~8年前に知り合いの先生から「洗い過ぎない」が肌にいいと聞いてから、患者さんにも「朝は水だけ洗顔にしてください」と説明しはじめました。それ以降は驚くほど、乾燥、赤み、くすみ、ニキビの治りが早くなりました。

2015_0207_001.jpg


2015_0207_004.jpg
こちらは30代の女性ですが、洗顔方法を変えるだけで、1ヶ月でニキビが改善した方です。まだビタミンAの治療も始めていない状態で、この後にNEWオバジZOを開始されました。




しかし「洗顔に注意」といっても、正しい方法で続けるには少し注意が必要です。
診察で「洗顔のときは、水の温度が大事ですよ」と話していたときに、こんなことがありました。

2015_0207_009.jpg

…というようなことが。熱いお湯で洗顔した後に、すすぎを冷たい水にされていたようです。

2015_0207_010.jpg




2015_0207_007.jpg
さらに、ビタミンAのお薬(ニキビのディフェリンゲルや老化修復のオバジZOなど)を使っている時に、「乾燥は洗顔が原因」とよくわかります。

ビタミンAのお薬はよく塗りはじめなど「乾燥してカサカサしたり、赤くなったり」する反応が出る時がありますが、ずっと塗っていると慣れてきて、「しっとりとした子供のような、みずみずしい肌」になっていきます。

オバジZOとかは典型的で、「はじめはカサカサしますが慣れてきますよ」と説明しておいて、慣らしていただきます。

ですがオバジZO治療中にすでに慣れて「カサカサしなくなった、しっとりとしてきた」という患者さんだったのに、

「出張に行ってホテルの洗顔を使った」とか、

「友達の家に泊まったときに、いつもの洗顔を忘れたので友達のを借りた」ということがあると、

「もう反応期を過ぎてしっとりしていたのに、急に乾燥して皮がむけてしまった…」というケースがよくあります。

これはわずか一回の洗顔でも洗顔剤が強すぎたために、おさまっていた乾燥がぶり返したんです。

ビタミンAの薬治療中の方は、温度だけでなく洗顔剤にも気をつけてくださいね。



私が好きなメイク落としと洗顔は下の二つです。

2015_0207_008-2.jpg
朝は、メイクもしていないので、水だけで洗顔して、夜はメイクを落とすのにクレンジングのオイルや洗顔剤を使います。私が好きなのは、アクアオイルとクリーム洗顔です。

ビタミンAの薬治療中の方で特にハッキリわかることですが、乾燥は普通の方も同じ、「まずは洗顔」です。
洗顔剤の質や、一日の洗顔回数、洗う時の温度(手が痛くならいい程度の温度の水)・・・・それで乾燥はほとんどの方が治ります。

ぜひ試してみてくださいね。

おどろきました! 朝の洗顔の新聞記事

2014_0909_04.jpg
先日の朝、新聞を読んでいたら、びっくりしました!!
「最近、若年層を中心に朝の洗顔を水やお湯だけで済ませている人が増えているそうです」と書いてあったのです。
…読み進めると結局は「洗顔料を使って、しっかりと洗顔して、暑い夏でも美しい肌で過ごしてください」という記事でした。よくみたら化粧品メーカーのアドバイスの記事でしたが…。

何におどろいたかといいますと・・・「朝洗顔料を使わない人が増えている」と書いてあったことです。

私は「朝は水だけ洗顔がよいですよ」と10年近く前から説明していますが、いまだにほとんどの人が洗いすぎで肌のバリア層を壊してしまっています。そうすることで、自分で乾燥肌、敏感肌、大人のニキビ、肝斑などの原因を作っているからです。

2014_0909_01.jpg
以前に知り合いの先生から「洗い過ぎない」が肌にいいと聞いてから、患者さんにも「朝は水だけ洗顔にしてください」と説明しはじめました。それ以降は驚くほど、乾燥、赤み、くすみ、ニキビの治りが早くなりました。

そこで、この「洗いすぎない」「朝は水だけ洗顔」は、「紫外線による光老化」「ビタミンAによる光老化対策」「ニキビはビタミンAで治す」と同じく、私の地道な草の根運動の一つとなりました(私に洗いすぎないを教えてくれた先生は、診察で先生が説明し始めると周りのスタッフが「サイババが始まった」と言ってました・・・)。

でも、初診(はじめて来られた)の患者さんのほとんどはやはり朝からしっかり洗顔されています。全国的に「朝洗顔料を使う人」がそんなに減っているなんて、信じられない~。啓蒙活動の成果!…なんてことはないですよね。

--------------------------------------------

しかし、(もしかして…)とおもって、ネットで調べてみたら、
化粧品販売のメーカーのHPで、「朝洗顔しない水だけの人が39%と増えている」
とありました。

あるいは別のメーカーは
「近年、朝は汚れていないから、乾燥するからという理由により、洗顔料を使用せず、水やお湯のみで洗顔するという人が、ここ5、6年で顕著な増加傾向を示している。このまま推移すると、あと数年で逆転する勢いだ」と書いてありました。

そして、どのメーカーも
「水洗顔はよくない。やさしいマイルドな洗顔料を」

あるいは
「夜の洗顔と朝の洗顔料を別にしましょう」
という洗顔料を紹介する結論でした。

なるほど~。でも、20歳を過ぎた女性はほとんどの方が、朝は水だけがよいですよ。

--------------------------------------------

最初に紹介した新聞の記事の中で気になったのが、「若年層を中心に」と書いてあったことです。
私は朝洗顔料がいるのは、10代までと言っています。つまり逆に思春期の場合は、アピックスキンの方は水だけですが、普通肌・脂性肌の男の子とかは水だけは厳しいので洗顔料を使ってもらいます。若い方は、肌質をみて判断します。

2014_0909_02.jpg
でも、だいたい20代以上の女性は朝は水だけの方が絶対におすすめです。初診時にマイクロスコープで肌を見ますが、朝からしっかり洗っている方は結構皮溝がなくなって、キメが消失しているのに対して、まれに「すいません、朝顔洗ってないんです(洗顔料なしという意味)」の方は、皮溝がちゃんとあります。

以前患者さんに説明していたら「そういえば、白内障の手術をしたとき顔も全然洗えなかったけど、肌の調子がすごく良かったわ~」と話してくれた方がおられました。

「でしょう~~~!!」

--------------------------------------------

こちらは洗顔方法を変えただけで、3週間で肌トラブル(乾燥、赤み、くすみ)が改善された症例です。

2014_0925_01.jpg
初めて診察にこられたときに、たくさん塗っていたスキンケア製品も1個だけにしてもらいました(塗りすぎない)。3週間後には、乾燥、肌あれ・くすみが改善されています。



こちらも洗顔方法を変えるだけで、1カ月でニキビが改善した方です。まだビタミンAの治療も始めていません。
2014_0925_02.jpg

洗いすぎない、こすらない洗顔に変えていただくことで、ニキビが改善されています。

がんばらなくていい 簡単スキンケア

2014_0530_03.jpg
初めての診察の時に「2ヶ月後に息子の部活で遠征に行くので、親同士が顔をあわせる前に、赤ら顔をなんとか治したい」という方がおられました。
なにか『レーザー』とか『薬』とかの治療をしたいと思って来られたようですが、とにかく顔に触る回数を少なくするために、洗顔や基礎化粧品を決めました。とにかく簡単に、必要のないお手入れをしないということです。
「(治療)がんばりましょう」といいながら、でも「がんばってないでしょう。がんばらなくていいでしょう」というと、「そうなんですよ。全然、もう簡単になっちゃって、こんなんでいいんかなあ~と思いました。でも赤みがだいぶうすくなりました」と。

--------------------------------

下の症例は別のかたですが、洗顔を変えたことで肌あれなどが改善された方です。

2014_0530_04.jpg


この方は、洗顔をかえて3週間で赤みくすみが取れています。ダブル洗顔していたのをやめていただき、たくさん塗っていたスキンケア製品も1個だけにしてもらいました(塗りすぎない)。
洗顔方法を変えるだけで、肌あれ・くすみが改善されています。

とくに最近ですと、newオバジZOマイルドの場合、朝も夜も塗るものは1個なんですね。
朝は1本塗ったら、日焼け止め兼化粧下地を塗り、ファンデーションで終わりです。

2014_0530_02.jpg
「簡単でしょう~」とすすめたら、次の診察で「先生~、ものたりません!何か水もの(化粧水)ください~」と言われました。
う~ん。何でみんな水もの(化粧水)が好きなのかなあ?
広告のせいで潤いは化粧水で得ると勘違いしてるのかも。
潤いは、肌の中から来る物で、きちんと肌のバリア層(フタ)さえあれば一番潤いますよ。

シンプルにケアしたい方は肌断食がオススメです。週末などにスキンケアをお休みする肌断食をしていただくと、自分の肌が持つ本来の保湿成分が実感できますよ。

肌断食の詳細はこちらから>>

夏、さっぱりしたいけど、ちょっと待った! やさし~い洗顔

2013_0625-06.jpg
バブルの頃から、日本で乾燥肌、敏感肌、大人のニキビ、肝斑が増えてきたそうです。
それは、洗いすぎ、塗りすり(お手入れのしすぎ)が原因みたいです。

2013_0625-02.jpg
そういえば、みなさん「メイクを完全に落とさないと、シミやニキビが出来る」と信じて、非常に強い洗顔剤を使って、つっぱるような洗い上がり、キュキュッとなるまで洗われている方が多いです。それに、私には強すぎると思う洗顔剤も、「泡だからやさしい」「天然成分だからやさしい」と信じられている方が多いです。

2013_0625-01.jpg
強い洗顔剤や、ゴシゴシ洗うことで、大事な肌のバリア層を壊してしまうと、肌を守るフタがスカスカになってしまって、大切な水分は外に出てしまうし、いろんな刺激やアレルギーの原因、微生物が入り放題になるので、乾燥したり、大人のニキビや、敏感肌、くすみになってしまいます。


2013_0625-03.jpg
朝は、メイクもしていないので、水だけで洗顔して、夜はメイクを落とすのにクレンジングのオイルや洗顔剤を使います。私が好きなのは、エンビロンのアクアオイルとクリーム洗顔です。
さっぱりしたい方は、オイルの後エンビロンのクレイテックマスク(カオリンという泥のパック)を伸ばしてから洗います。このとき、絶対にオイルやクレイテックマスクでクルクル顔をマッサージしないことです。

2013_0625-04.jpg
物理的刺激でも、肌のバリア層は壊れてしまいますから。
さっぱりするまで洗うと、自分は気持ちよいけど、お肌は傷ついていますよ~
やさし~く洗顔してくださいね。

クリーム洗顔など、オススメ洗顔商品の詳細・お求めはこちらから>>

2013_0625-08.jpg
この方は、洗顔かえて3週間で赤みくすみが取れています。たくさん塗っていたスキンケア製品も1個だけにしてもらいました。(塗りすぎない)
洗顔方法を変えるだけで、肌あれ・くすみが改善されています。