FC2ブログ

毛穴の悩み…

前回のブログの続きです。

20190312_03.jpg
ほとんどの黒いポツポツとれましたが、顎をよくみると2~3個 気になる黒が・・・。

なんと!

私は毛穴の悩みの時、一口に毛穴の悩みと言っても、

20190312_01.jpg

1)毛穴の詰まり
本当に毛穴に皮脂の汚れが角栓となり毛穴が拡がって見えたり、皮脂が酸化して黒ずんで見えるもの

2)実が、黒ずみは毛がはえているもの

3)毛穴の開き「加齢に伴うたるみによる涙方の開き」「皮脂分泌過剰による開き」「洗顔しすぎによる乾燥による開き」

4)実はニキビ痕の陥没

…と説明して治療しています。

そして、「女性って、年齢とともにワキの毛とか生えなくなるけど、顔の毛は濃くなるのよね。だから、年配女性の顔の脱毛って多いよね」
とよく話していましたが、

な、な、なんと(@_@;)
「今までなかった、私のアゴにヒゲが・・・・!!」「黒ポツの2~3個が、いつも説明している2)の実際は「毛」というのに、とうとう私も・・・。
と、ガックリ来たところで、

「そのうち脱毛しようっと!!」(^_^)b
治療方針通りにいかないといけないですよね。

まさに、顔、身体、髪と院長の実体験がいかされるクリニックですよ。

20190312_05.jpg


新しいフラクショナルレーザーVIVAのたるみ用部分治療も、スタッフが唖然とする欲張り範囲となりました。

「だって、ここもここも気になるのよね」と、自分の願望がいっぱい入り、、、、。
お得と思います(^^ゞ

毛穴の悩み解決しましょう!

毛穴の悩み解決しましょう!

診察で、シミ・しわについで多いのが「毛穴の悩み」です。
「若いときは毛穴が目立たなかったのに、年齢とともに少しずつ大きくなり、きめが粗くなって、ファンデーションの毛穴落ちが気になるんです」という声をよく聞きます。
実は、医学的には、毛穴の大きさと数は生まれたときから決まっています。しかし、年齢とともに、毛穴の周りがすり鉢状になって、開いて見えるのです。そこを引き締めて小さくしてあげると「毛穴が小さく」なってみえるわけです。
keana.jpg


毛穴の開きで多いのは、2つのタイプです。
20~30代前半に多いのは、「皮脂の分泌過剰による、丸くて大きな毛穴」。
keana201009-011.jpg

30代後半からは、「涙型のたるみによる毛穴」が目立ちます。
keana201009-012.jpg

なかには、Tゾーンにはテカテカで毛穴の黒ずみがあり、頬は涙型の毛穴が目立つ・・・と2つのタイプが混在している方も多いです。
keana201009-009.jpg

【毛穴のお悩みの解決方法は・・・】

(1)まずは、自宅でスキンケアで肌の油分と水分のバランスをコントロールして、クリニックやサロンで乳酸、サリチル酸のピーリングをするとすっきりします。
keana201009-005.jpg

〇サリチル酸マクロゴールピーリングの詳細はこちら>>

ご自宅でのケアに最適なのがasc at homeのクリーム洗顔と、エンビロンのクレイテックマスクです。
keana201009-013.jpg
keana201009-014.jpg

※asc at home クリーム洗顔のお求めはこちら>>

※クレイテックマスクの詳細・お求めはこちら>>

(2)さらに、肌の内部のゆるみ(老化によるコラーゲンやエラスチンの質・量の低下)からおこる涙型の毛穴は、クリニックのレーザーで引き締めると目立たなくなってきます。STリファーム、アファームマルチプレックス、エコツー、フラクセル3などコラーゲンを増やし肌の奥をしっかり引き締めるレーザーです。
keana201009-006.jpg

この種のレーザーになると、効果とダウンタイム(日常生活に戻れる時間)、リスクが相関関係があります。つまり、強いほど効果が高く、ダウンタイムもあります。ご自分のライフスタイルにあったレーザーを選びましょう。
「1週間くらいかさぶたがあっても効果が“ど~ん”とあるならOK」という方はエコツー、「1日くらい赤みがあるくらいならOK」という方は、アファームマルチプレックスかフラクセル3、いやいやお昼休みにちょっと抜け出して、マイルドでコツコツ行きたい方はSTリファームといった感じです。4つのレーザーの使い分けで、どんな毛穴も引き締めていきます。
keana201009-007-2.jpg


いつも言いますが、昔は遺伝子に恵まれた人だけが、年をとってもきれいな肌でいることができました。今は、レーザーなどにより、そうでない人もきれいな肌を保つことが出来るのですよ。良い時代になりましたね~。
keana201009-010.jpg

おっと、もちろん毛穴も洗いすぎはNG。皮脂を取ろうとして、洗顔しすぎると、足りなくなった皮脂を補おうと、さらに皮脂腺が発達して逆効果になるので要注意です。

※正しい洗顔方法についてはこちら>>