FC2ブログ

シミ、くすみ治療で小ジワも改善!

先生ブログ見出し

みなさん、TVCMはじめました!
木曜日の朝8時前に四国放送見てくださいね。




受付の横に、こんな写真置いてます。

IMG_0370.jpg

患者さんが「あっ、見た!」と。
はじめ赤池のCMとわからなかったそうですが、喜んでくれていたそうです。


「普通の男性と女性が、イオンモールのお店に行って、輝いて踊り出す!」というコンセプトですが、全然わからず、「なんか踊っている」がインパクトあると好評です。
出演は、私が習っている社交ダンスの先生方です。
次々、前習っていたヒップホップや、サルサの先生や生徒さんに踊ってもらおうかと思いましたが、みんな女性軍が「イヤ〜ん」と。
やる気があるのは、サルサと社交ダンスの男性の先生二人だけでした。次は、男二人で踊ってもらおうかな〜!?



さて、肝斑に、普通のシミが混在している60代前半の女性です。

CI_forblog.png

こちらの方は、初めの半年で集中治療として、くすみ(肝斑)用のレーザーメドライトC6と紫外線でできる丸いシミ(老人性色素斑)フォトフェイシャルを合計8回行い、その後ビタミンAの塗り薬治療「オバジZO」をしました。

zo_forblog.jpg


その後の1年くらいは、ビタミンAの化粧品を自宅で夜だけ針付きローラーでコロコロしてから塗るロールキットという方法と、来ていただいたときに電気でいれこむトリートメント中心です。

rc_rorblog.jpg


初めの半年でくすみがよくなり、さらに1年8ヶ月後シミ、くすみもさらに良くなっていますが、目尻のシワや、ハリがよくなっています。くすみのレーザーは4回だけしていますが、ビタミンAの治療が中心です。

そうなんです!!

ビタミンAはシミにも効果がありますが、コラーゲンやエラスチンも増やすので、しわやハリにも効果がありますね。
もちろんAの治療と言いながら、化粧品には,ビタミンCやE、軽いピーリング、各種ペプチドが入っており、トリートメントもAだけでなく、AとCを入れてますよ。


ビタミンAの治療は、化粧品やトリートメントは注意事項も少なく日焼けの前後はしっかり入れた方がよいですが、塗り薬治療となると注意事項を守って少しの日焼けも気を遣うのが大切です。
レーザーや塗り薬中は、積極的な日焼けをすると色が反対に黒くなってしまいます。
それでスタッフが、色々日焼けとか聞いて、一旦中止したり気をつけています。
注意がいるけれど、その分結果が早く出るのがオバジのお薬治療ですね!
(オバジZOの化粧品も数年前に出来ました)

ピーリングとトリプル導入トリートメント


先生ブログ見出し20180719


前回書いた、成長因子が増えるので「ハリ、美白」に良い乳酸のピーリング「ラックマスクトリートメント」、それとイオントフォレーシス・ソノフォレーシスを組み合わせて、ビタミンA/Cの補給を最大限に促すものを「トリプル導入トリートメント」と言っています。最近このトリプル導入が、クレメントのサロンから流行ってきました。

クレメントのサロン(asc clement)は、どちらかというとレーザーやお薬より、トリートメントや癒しが好きな方が多いのですが、トリプル導入でレーザーやお薬に匹敵する効果をあげています。


for20180719.jpg

この方は、5年前に初診で肝斑が気になると言われました。

forblog20180713.png

そこで、肌に刺激をあたえない「こすらない」などの注意とともに、メドライトC6(肝斑レーザー)をされました。

その後、効果の維持のためビタミンAの治療として、自宅でロールキット(針付きローラー)で、ビタミンAや抗酸化ビタミンC・E、ペプチドなのを肌の奥深く入れていく)そして、時々トリートメント(ビタミンAを電気で入れていく)、オバジZO(ビタミンAの塗り薬)は2回されています。
維持のためにメドライトC6も少ししましたが、自宅ケアとトリートメント中心で5年。
肝斑のぶり返しもなく順調です。
そのトリートメントがトリプル導入で、月1回で充分効果をあげています。
みなさんも乳酸ピーリング+ビタミンA・C導入のトリプル導入いかがですか?


ascのピーリングは、赤くなったり、強くなりすぎたりのリスクがないピーリング。
あくまでも「浅いピーリングを繰り返して効果を上げていく、ビタミンA導入と一緒に!」です。
ご安心を(^^)

ピーリングについてのあれこれ


先生ブログ見出し

ピーリングとは、「皮を剥ぐこと」を意味していますが、皮膚の表面を病変共々除去し、健常な組織で置き換えることです。皮膚はその表面を剥がすと表皮細胞の活動が活発になり表皮を再生する性質があります。この性質を使って皮膚を新しく生き返らそうというのがピーリングです。

白人に深いピーリングがはやった時代がありました。
というのは、白人は皮膚が薄くてしわができやすく、それを深いピーリングで改善できるからです。
それでも成功率は8割。2割の人にはトラブルがあります。
まして、東洋人はベータカロチンをたっぷり含んだ厚い皮膚をしておりシワができにくく、シミができやすいので、ピーリングではむしろシミが悪化したりするトラブルの可能性が高まります。日本人には深いピーリングは絶対に適していません。私たちは決して表皮より深く皮膚を痛めてはならないのです。


drblog_20180710.jpg

では、日本人においてはどんなピーリングがあっているのか?
それは、非常に浅いピーリングを回数をかけて行うことが一番です。
不要な角質をはがれやすくして正しい新陳代謝のリズムを取り戻すとともに、ピーリングの後皮膚の浸透性が高まるのを利用して、後に塗る有効成分をよく浸透させるということです。


drblog_20180710_222.jpg
クリニックでは、乳酸、サリチル酸、グリコール酸とケミカルピーリングは色々ありますが、私が大好きなのは乳酸です。
(乳酸は臭くないとダメです!というのも、天然と人工で、効果が同じ成分もありますが、乳酸は天然でないと効果がありません。自宅で使うピーリングのダーマラックローションは少し独特のにおいがしますが、10年以上使っておられるファンもいっぱいです!)

そして、ascで行うAHA(乳酸)トリートメントは2種類あって、そのときのお肌に合ったものを選んでいきます。ラックマスクトリートメントと、ラックトリートメントです。
ちなみに、私のお気に入りはラックマスクトリートメントです (^_^)


ラックマスクトリートメントは、成長因子が増えると言われているので、ハリが欲しい方、美白も欲しい方にぴったりで、最近増えてきています。
もちろんそのあとに、イオントフォレーシス・ソノフォレーシスを組み合わせて、ビタミンA・Cの補給を最大限に促します。


次回は、くわしく患者さんのケースでご紹介しますね。

グロスファクターの新メニュー!

dr見出し20180615

グロスファクターの新しいメニューの2種類が結構人気です。
一つはメディカルグロスファクター。
施術時間が短いので、簡単で、直後は少し赤いけど,翌日は肌がすでにハリが出て、乾燥の小じわとかがなくなり、毛穴が引き締まった気がするという意見が多いです。


drブログ20180615_1


1~2週間に1回の間隔で8回が望ましいですが、何かイベント事の前日も良いかもしれないです。当日、お肌がピカピカですよ(^_^)b

drブログ20180615_4

さて、メディカルグロスファクターで肌に与えることができる主なグロースファクターは、有名なEGF(上皮成長因子)、FGF(線維芽細胞成長因子)をはじめ7種類あります。

【EGF(上皮成長因子)】
・ シワの予防と解消
・ 肌の色を整える
・ 新しい皮膚細胞を再生し、肌の凹凸を滑らかにする
 

【FGF(線維芽細胞成長因子)】
・ コラーゲンやエラスチン組織の弾力性、肌のたるみを解消する 
・ 傷の回復を促進し、ニキビ跡を改善する



【IGF-2(インシュリン様成長因子)】
・ シワの予防と解消 
・ コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす 
・ その他にもKGF(ケラチノサイト成長因子)、PDGF(血小板由来成長因子)、NGF(神経細胞成長因子)、TGF(トランスフォーミング増殖因子)を含有しています。


drブログ20180615_3



グロスファクターは、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見され、博士はEGFの発見により1986年ノーベル医学生理学賞を受賞しています。

1997年にはアメリカのブラウン博士が『皮膚の老化を抑制する方法』(米国特許#5618544)として取得した特許の中で、EGF・FGFを皮膚へ浸透させることによる「表皮と真皮の細胞増殖」「肌の若返り」が科学的に立証されています。


さらに、エンビロンやZOのホームケアでおなじみのペプチドもグロスファクターとともに入っていきます。
有名なペプチドと言えば、「塗るボトックスと言われているアルジルリン」も、もちろん含まれています。

そして、麻酔の塗り薬は前処置として必要ですが、機械で入れていくメディカルグロスファクターに対し、もう一つは麻酔なしのイオン導入などのような感じでトリートメントとして行うケアシスという機械でのグロスファクタートリートメントがあります。

drブログ20180615_2


みなさんも、紫外線や加齢などによって減少する各種グロスファクター(成長因子)を「メディカルグロスファクター」、「グロスファクタートリートメント」で補うことで子供の時のような健康な肌をとりもどしましょう!!

もちろん、グロスファクターも,常にビタミンAと抗酸化物質を組み合わせることでより確実な効果が得られます!

いざ、人間ドックで骨密度測定!

20180610ブログ見出し

突然ですが、私は毎年人間ドックに行っています。

病気治療のため若いときから女性ホルモンは全くないので、とにかく早くから骨密度が落ちていました。
なんと、50代で同年代の骨密度と比較した値が78%、若い人と比較する(YAM値)と64%という結果でした。
(両方とも80%以上でOK)


c2_blog20180610.png


3年前には「この年齢でこれは良くない!」と診断され骨粗鬆症の治療も半年受けましたが、あまり効果が無くて主治医も「まぁ、仕方ないのかも。やめますか?」ということになりました。

そこで、自分でA+Dのサプリと運動(骨や筋肉を強化するパワープレート)を続けることに決めました。

supp_forblog20180610.png

pp_blog20180610.png
(パワープレートは、今は家庭用のパーソナルパワープレートがあるのもいいですね。)

そして、三年後…今年の結果です!!

ch_2forblog20180610.png

同年代と比較して78%から97%、若い人と比較(YAM値)しても65%から80%と骨密度アップしていました!!
…人並みになりました(^_^)


やはり、数字で分かると嬉しいですね!