首のシワにはマドンナリフト!


20180417ブログ用見出し


for20180412_1.png

70代前半の方です。
初めは軽く顔のフォトフェイシャル(m22)から治療始めましたが、一番気になるのは「首」ということで首のマドンナリフト(SmartXIDE2というフラクショナルレーザー)を3回されました。
5回しましょうかと言っていますが、すでにかなりシワも改善されています。
for20180412_2.png


フラクショナルレーザーレーザーは、正常な皮膚を残して点々点と穴をあけていき、その穴が修復されるときにコラーゲンとかが出来て肌にハリが出来てきます。
そして、エネルギーとか、穴の間隔とかで、強さを色々変えることが出来ます。



一応初めての時に、「怖がりですか?今回これで大丈夫だったから、次はもう少し強くしていくのですが、1回めも絶対にすごく赤くなったり、トラブルにならないようお願いします!!という方と、せっかくだから思い切ってやってください。少々何かあってもすぐ来ます!という2派に別れますが、どちらですか?」とお話ししています。

この方は、「せっかくだからバーンとやってね!」と言われたので、そこそこの強さから始めました。
2回目の時に「前回、よく効いたわ〜。シワがこんなに減って!」でも「2〜3日は夜冷やしたし、2週間くらい赤かったのよ。」とあとはちょっと大変だったけどシワが取れたと喜ばれてました。
マドンナリフトは、3回ですが、自宅でもビタミンA・C・Eが入ったオイルや、ZOのボディエマルジョンを塗ってくれているので、それも良かったのかもしれないです。



そして、この写真のあとマドンナリフトのあいだに1回だけマイルドコンビをされています。

for20180412_3.png



RFでなでるようにマッサージをして、軽いIPLを同時に照射する気持ちがよいエステ感覚のものです。
次回は、RFのお話ししますね。

フラクショナルレーザーとマスカラ!

20180403ブログ用見出し


フラクショナルレーザーというと正常な皮膚を残して、点々と小さな穴をあけていき、その穴が修復するときにコラーゲンなどが作られて肌が入れ替わっていくというレーザーです。

その穴を開けるのにいろんな波長があるので、その分フラクショナルレーザーには色々な種類があります。

当院にあるフラクショナルレーザーは6種類。
それぞれに得手不得手があるので状況により使い分けていますが、ニキビ痕はフラクセル3、マドンナリフト(SmartXIDE2-スマートサイドスクエア)などが人気で、たるみはアファーム全顔か、VIVA部分が一番人気です。
 

フラクショナルレーザー



VIVAは、たるみで人気のサーマクールと同じRFという高周波が点々とでます。

Versa_切抜
VV.jpg


(こちらがVIVAの機械です。)

フラクセル3などと違って、翌日はわからないくらいにダウンタイムがないのに結構引き締まります。

その部分照射が、いま人気です。
とくに顔の下の方(法令線、フェイスライン、口元が入る部分)の希望が多いです。
実は、ポイントはアゴ下、耳の前、耳の後ろ。
そして、先週から「もう、ここもやっちゃうぞ~~!!」と増えたのが、こめかみの上部と眉下です。


なぜか!?
レーザー範囲_修正版


きっかけは、先週ダンスのアヤ先生から言われた「マスカラ塗ってないでしょう!」の一言。思わずドキリとしました!
(通勤時間が長くて時間がないから、とにかく朝1分でも運動をと心がけて化粧時間が一番削られています。言い訳ですが・・・)


「ここの筋肉をマスカラを毎日つけることで、鍛えるのよ」
ちゃんと鍛えてあげないと、イラストみたいに年とともに垂れ目になってしまう。
(ほんとにそうです。おまけに、まぶたが被さってきますよ。)



目のたるみ


なるほど、筋トレではないけど、サーマクールを照射するときは、額を均一でなく、外側1/3をより多く照射して、目のたるみ改善を目指していました。
そこで、VIVAも範囲の追加です! (詳しくはこちらから>>
スタッフは、「お得ですね」と。 
マスカラ筋トレもして下さい。


ちなみに、私は「へえ、マスカラ。こうですか?」とすると、
「どうしてそうなる~~?なんで鼻の下伸ばしてゴリラみたいになるの!」
と怒られてしまいましたm(_ _)m



こうじゃないです!!
(間違っても顔を真正面につき出して、ゴリラのようにならないように。)


マスカラ_ダメな例


こうですよ!

マスカラ_良い例

顔は鏡に向かい45度、横目で鏡で確認しながらつけましょう!

ちなみに、このマスカラは近日発売予定のリバイタラッシュのマスカラです(^^)
ということで、みなさんも鏡に向かい、女優のようにマスカラ付けて下さいね。


マスカラ写真_変更

うどんでランチ!?

for20180326_3.jpg

ジェーンアイルデールやリバイタラッシュ日本取り扱いのMRI社長のリッキーと、以前エクステを教えてくださった素肌新館の栗田さんが、クリニックに来られました。

for20180326_2.jpg
(正面から見て私の左側がリッキー、右側が栗田さんです)

隣のasc m-roungeで、たらいうどんと釜飯でランチしながら最新情報教えてもらい、お二人はイオン店を見にいかれました。
なぜm-roungeで、たらいうどん?
実は、ascスタッフの平谷くんのお家は徳島県の名物、御所のたらいうどんなんです!

for20180326_1.jpeg

これがたらいうどんです(^_^)
魚を使った濃いめのダシが特徴的!!

川の近くに座敷があり、おうどんを食べると説明すると、リッキーも栗田さんも、次はぜひ行きたいと言ってました。
私の金曜日のお昼は平谷家のうどんで決まっています!
金曜日が楽しみな、私の大好きなお昼ご飯です。


その日はリッキーが、まだ発売していないリバイタラッシュのヘアケアをくれました。
for20180326_4.jpg

さっそく試してみたいと思います!
リバイタラッシュは、まつ毛と眉毛は、かなり効果ありますから、期待しています。

コーヒー豆とレーザーと

20180301ブログ用見出し

私は、コーヒーが好きで1日に4杯ぐらいは知らないうちに飲んでいます。

唐突に「何の話だ!」と思われるかもしれないですが、
レーザーなどの治療はコーヒーみたいなもんだなという話です。

for_20180322.jpg

クリニックの近くにコーヒーの美味しい喫茶店があり、私はそこのスペシャルブレンドが好きでよく購入してはクリニックで飲んでいるのですが、コーヒー豆にもレーザーのように種類がありますよね。

あまり詳しくはありませんが、有名なものだとブルーマウンテンやグァテマラ、コロンビア、ハワイのコナコーヒーなんかもあるかと思います。
豆の種類ではないですが、スペシャリティーコーヒーなんて言葉もよく耳にします。
豆の種類それぞれに特徴がありますが、そこから更に焙煎具合(浅いものから深いものまで8段階に分かれます)によって、同じ豆でもさらに味が変わっていくそうです。


これをレーザーに置き換えると、豆の種類はそのままレーザー機種に。
焙煎度合いは照射の際に患者さんに合わせて行う設定になるでしょうか・・・




ただ、どれだけベストな設定(焙煎)をそれにあった機械(豆)に行なっても肝心の品質がイマイチなら最高の結果(風味)を引き出すことは出来ません。
レーザーもコーヒー豆も品質が命。


さらにいうと、店主(医者)がこれが一番の味(治療)と思っても、患者さんの好みや希望は千差万別です。
強いのが好き!、という患者さんや、マイルドなのが好きでゆっくりやりたいという方。
仕事上ダウンタイムがあるのは困るという方や、ダウンタイムがあってもガツンと強いのをやりたいという方。



色々な患者さんがいらっしゃいます。
人によってベストな味が違うように、患者さんの数だけベストな治療も存在するので、いかにその患者さんにとってのベストな治療を提供できるかが難しいところでありやりがいのある所ですね!


ちなみに、ウチのクリニックでもコーヒーを淹れてくれるスタッフによって味が変わります。
ちょっと薄めに淹れてくれるスタッフや濃いめに淹れてくれるスタッフ。
そして、「先生はどちらがお好きですか?」と聞いてくれるスタッフ。


おかげで、毎日日替わりコーヒーが楽しめています(笑)

若さの秘訣はワキと首!?

20180312ブログ用見出し

患者さんの悩みで多いのは、シミとニキビ、脱毛、部分やせ(クルスカ)あたりですが、年齢とともに「あごのたるみ、首のシワ、フェイスラインの引き締め」を気にされて来院される方も結構おられます。

20代後半から40代は法令線が気になり、50代は全体のフェイスライン、60代以上で口元、あご首のたるみ、シワでしょうか。


もちろん、フラクショナルレーザーやメディカルロールキットで治療していきますが、最近よく思うのが「首が前にでているのを直すと、フェイスラインや首のシワがさらによくなるな」と言うことです。
自分もそうですが、机やパソコンに座って仕事をしているとどうしても顔というか、首が前に出てしまいます。


blog_for0312.jpg

写真で見てみると、左の写真は首が前に出ておまけに猫背ですが、右の写真が背中と首がまっすぐに一本の線になっています。

右の写真が理想で、ちょこちょこっと姿勢を直してみますが、一瞬はきれいになるけど、なかなか「顔を後ろに引きましょう、首を前にでてるのを直しましょう」と言ってもすぐにくずれてしまいます。
また、顔・首を後ろにと言うとあごを引いてしまってあごがなくなってしまいます。


「腹筋に力を入れて、肩胛骨をおろす。身体の芯をつくる」とかいろいろ考えてみたのですが、結局「ワキの後ろの力が年齢とともに弱ってくるから,後ろワキを鍛えるのが一番よいのかも」と思いました。

そしてその結果、パワープレートで後ろワキの運動をすることにしました。
後ろワキに力コブを作るくらいのつもりで、後ろ下に引っ張ると、お腹に力が入り、顔が上がりアゴも出来てきます。
パワープレートに通われている方は、スタッフに言ってその方法でやってみてくださいね


ところで、以前80代の親戚の小母の話を書きました。
ヒザがいたくて整形外科で何年も水を抜いていた
のが、パワープレートにただ立っているとか、ヒザをちょっと曲げて立つとか、アスリートがするようなハードなことはせずダラダラと1年続けたら「水も抜かなくて良いし、もう湿布もいらないのよ」と言うほどになったと。
その話を赤池の母にすると、忙しいとか何とか言ってパワープレートに行かなかったのが行き始めました。

それで、そのことは忘れていたのですが、それこそ「パワープレートの上で、上むいて5分、横むいて5分、少し立ってみる」とか本当に「そんなことだけ?」というのを黙々と半年くらい続けていたらしいです。そしたら昨日急に、2年前に同窓会のバス旅行で、途中のトイレで和式しかなくて、もう困ってしまったことがあったのに、「この前、和式にふと入ったら、それがスッスとしゃがめたのよ!!」と。


2020年には、女性の2人に1人が50歳以上になるそうです。
こういうパワープレートの使い方が主になるかもしれないですねえ。


pp _blog

私のおすすめは、「家で小さいパーソナルパワープレートを使い、月に1回は通って、1ヶ月のプログラムを組んでもらう」です。
結構パーソナルパワープレートを買って下さる方はおられますが、時々通ってないとやらなくなってしまいます。
1ヶ月のプログラムを組んでもらうのがベストです。
もちろん、自宅トレーニングなくサロンだけのトレーニングも効果大です。


3/30にはイオンモールでパーソナルパワープレートの体験会も実施予定なので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか!

イオンPPP催事案内_0305-01